BeefButalaw

お世話になります。

アタッチメントのエクスポートオプションのチェックをオフにして、アトラステクスチャに含まれないようしたのですが、
アタッチメントにキーフレームが打たれている場合、オプションを無視してアトラステクスチャに含まれてしまうようです。
これは仕様でしょうか?
(エディタで表示するアタッチメントはアニメーションに必要なガイドとして利用しています)

ランタイム上では、アタッチメントは別の画像に置き換えて、キーフレームでテクスチャの切り替えを判定する仕組みを作ったのですが、
アトラスにテクスチャが含まれてしまうため、不要なテクスチャが表示されてしまいました。
これはスケルトンエクスポート時に透明テクスチャでアタッチメントを上書きする事で回避していますが、手間がかかっています。
アタッチメントにキーフレームが打たれていても、エクスポート時のアトラスに含まれないようにする方法は出来ませんか?

よろしくお願いします。
Spine 3.6.53

---
Even if the attachment export option is turned off, it is included in the atlas

Thank you for your help.

I switched off the attachment export option so that it was not included in the atlas texture,
If a key frame is hit in the attachment, it seems that it is included in the atlas texture ignoring the option.
Is this a specification?
(An attachment displayed in an editor is used as a guide necessary for animation)

On the runtime, I replaced the attachment with another image and made a mechanism to determine the texture switching with the key frame,
Textures are included in the atlas, so unnecessary textures are displayed.
This is avoided by overwriting attachments with transparent textures when skeleton exporting, but it takes time and effort.
Even if keyframes are stamped on the attachment, can not you do it so that it is not included in the atlas at export?

Thank you.
Spine 3.6.53
BeefButalaw
記事: 24


Return to 日本のSpine ユーザー