Spineクイックスタート

Spineへようこそ! ここでは、Spineの準備と実行に必要なすべての要素を簡単にご紹介します。さあ、始めてみましょう!

Spineのお試しとご購入

ご購入前にSpineをお試しになりたい場合は、Spineトライアル版のダウンロードページにアクセスし、 お使いのOSのボタンをクリックしてSpineトライアル版をインストールしてください。Spineトライアル版では、プロジェクトの保存とエクスポートを除いて、Spineエディターが提供するすべての機能を試すことができます。

Spineを購入するには、 Spine Webストアにアクセスいただき、購入したいSpineのバージョンを選択し、お支払いのプロセスを完了してください。完了後、ライセンスページへのリンクが記載されたメールが届きます。ライセンスページには、ダウンロードリンクと、アクティベーションコード、請求書が含まれています。

もしライセンスページのメールを紛失してしまった場合は、 Spineライセンスの回復ページ にて再取得が可能です。

Spineを購入する前に問題が発生したり、ご質問がある場合は、Spineフォーラムに投稿するか、FAQをご確認いただくか、または お問い合わせください。

Spineの初回起動

初めてSpineを起動する際は、アクティベーションコードの入力を求められます。

ライセンスページにあるアクティベーションコードを入力し、Submit を押してSpineのインストールをアクティベートします。 Spineトライアル版はアクティベーションコードを入力しなくても動作します。

現在はSpineランチャーが使えるようになっています。 こちらで実行したい Spineエディターのバージョン の選択と、ユーザーインターフェースの言語選択が出来ます。

もしバージョン選択のボックスでLatestを選択されている場合は、SpineランチャーはリリースされているSpineエディターの最新バージョンをロードします。

また、もし Latest betaを選択されている場合は、SpineランチャーはBetaリリースされているSpineエディターの最新バージョンをロードします。Betaバージョンは、ユーザーが新しい機能を試せるほか、 機能の開発中の早い段階でフィードバックを提供していただける素晴らしい方法です。しかし、Beta版は本番用ではありませんのでご注意ください。

また、特定のSpineエディターのバージョンを選択することもできます。プロダクトでSpineを使用している場合は、現在使用しているSpineエディターのバージョンに固定しておくことを強くお勧めします。もっと詳しく Spineのバージョン管理について知りたい方はこちらをご覧ください。

Spineトライアル版では、常に最新のSpineエディターのBeta版を提供しています。

バージョンと言語の設定が出来たら、StartをクリックしてSpineエディターを起動してください。

ウェルカムスクリーンはSpineの世界への窓口です!ここからSpineに付属しているたくさんのプロジェクト例を開いたり、ご自分のプロジェクトを作成したり開いたりすることができます。

また、Spineの最新ニュースを読んだり、Spineエディターの変更点を確認したりすることができます。何が起こっているのかを常に把握しておくには最適です!

ヒント セクションではあなたの日々の作業をより効率的にする便利なワークフローの知識が表示されているほか、何か疑問がある際には学ぶ セクションの項目から、 当社の詳細なドキュメントフォーラムに素早くアクセスできます。

まずは、プロジェクト例の一つを開いてみてください!

Spineエディターを知る

Spineエディターは2Dアニメーションの編集を可能な限りシンプルかつ効率的に行うための強力なツールや機能を提供しています。すぐに使いこなせるように、学習教材をご用意しています。

Spineアカデミー はSpineのドキュメントへの入り口です。Spineエディタの基本の理解のためには、まずは Spineユーザーガイドの、特に最初の2つのセクションから始めてください: はじめに基本コンセプト

基本に慣れてきたら、Spine に付属しているプロジェクト例を見てみましょう。ウェルカムスクリーンからアクセスできます。各プロジェクト例がどのようにセットアップされているのかについては、 プロジェクト例のページで詳細な説明をご用意しています。

Spineプロジェクトを一から作るにはAdobe PhotoshopやGIMPなどの画像編集ソフトやデジタルペインティングソフトを使って、アニメーション化したい画像を用意する必要があります。Spineプロジェクトに画像を簡単に取り込めるように、様々な画像編集ソフトウェア用の スクリプトとプラグイン を提供しています。

最終的にはゲームやアプリ、ウェブサイトに出来上がったアニメーションを表示させたいかと思いますが、 ここでSpineの強力なエクスポート機能が活躍します。 標準的な画像形式やビデオ形式のほか、Spineは効率的なバイナリおよびJSON形式でもエクスポートが可能で、これらはSpineランタイムを使用してゲーム、アプリ、ウェブサイトでアニメーションを表示することができます。

Spineランタイムを知る

Spineランタイムは、ゲーム、アプリ、ウェブサイトでアニメーションをロードしてレンダリングするために使用できるコードライブラリです。しかし、私たちはそれだけではなく-ゲームやアプリはダイナミックでインタラクティブなものであり、あなたのアニメーションもそうでなければならないと思っています。

当社のAPIは、アニメーションデータへの直接アクセスを提供し、プロシージャルに操作することができます。また、アニメーションを組み合わせたり、クロスフェードしたりすることもできます。Spineデモをご覧いただき、これらの可能性のいくつかを実際に見てみてください。

Spineランタイムは、Unity、Unreal Engine、Cocos2d-x、PixiJSなど、多くの一般的なゲームエンジンやフレームワークに対応しています。これらのエンジンやフレームワークの対応は、弊社のプログラミング言語に特化した汎用ランタイムの上に組まれています。この汎用ランタイムは、Spineをカスタムしたゲームエンジンやフレームワークにも使用することができます。

Spineコミュニティはまた、多くのサードパーティのランタイムを作成してきました。 すべての公式およびサードパーティのランタイムのリストはこちらをご確認ください。

SpineランタイムのGitHubリポジトリでは、すべての公式Spineランタイムのソースコードとプロジェクト例を見つけることができます。 また、もしSpineランタイムの改善に協力したいと考えていただいている場合には、バグを見つけた際に問題点を送ったり、プルリクエストを送ることができます。

困ったときは

もし当社のドキュメントではすべての疑問を解決できない場合には、 Spineフォーラムにてサポートさせていただきます。 そこでは、私たちやコミュニティに質問をするだけでなく、あなたの作品を披露したり、Spineやアニメーションについて同志たちと交流することができます!

ライセンスや事業に関するお問い合わせは、 お問い合わせフォームよりご連絡ください。

最新情報を得るためには

Spineを取り巻く最新のニュースや開発状況については、私たちの ブログ を読んだり Twitterをフォローしてください。

最新の機能追加やバグ修正については変更履歴を確認していただき、そして次に何が出来るのかを見るためにはロードマップ をご確認ください。