ビュー

Spineのユーザーインターフェースはツールを整理するためにタブ式のビューシステムを使用します。この方法はワークスペースを好きなようにカスタマイズする柔軟性を与えます。

開く

画面の一番上で「ビュー」選択ボックスをクリックすることでビューを開きます。

既に開かれたビューは薄い灰色で表示されます。設定モードとアニメ化モードで他のビューも利用できます。

タブ

各ビューの最上部にタブがあります。

タブはドラッグして新しいポジションに移動できます。タブをドロップできる場所にオレンジ色の矩形が表示されます。

タブは他のタブの横にも移動できます。

リサイズ

ビューはビューの端(下記の赤いハイライト参照)をドラッグすることでリサイズできます。

最小化

タブの右のメニューアイコンを左クリックし、「最小化」を選択するとビューが最小化されます。またはメニューアイコンを右クリックするとビューが最小化されます。

最小化されたビューは「ビュー」選択ボックスの横にアイコンとして表示されます。アイコンをクリックするとビューを以前のポジションに復元します。

「ビュー」選択ボックスの横の最小化ボタンをクリックすることで全てのビューを最小化できます。再度クリックすると最小化された全てのビューが元の状態に戻ります。

閉じる

タブの右側のメニューアイコンを左クリックし、「閉じる」を選択すると、ビューが閉じます。またはメニューアイコンを2重クリックするとビューが閉じます。

閉じられたビューは「ビュー」選択ボックスから再度開かれるまで非表示になります。

複数モニター

現在、Spineはフロートウィンドウを持つビューデタッチングに対応しません。対応されるまでSpineウィンドウを最大化せずに複数モニターにストレッチすることができます。

複数モニターを使用する時、エディターのツールバーが理想的なポジションではない場合があります。ツールバーの左の小さなロックアイコンをクリックし、左または右にドラッグすることで移動できます。

複数モニターのもう一つの問題に間違ったポジションにダイアログが開くことがあります。これを修正するには、ダイアログを希望のポジションに移動します。その後、全てのダイアログはその位置で開かれます。Spineウィンドウがリサイズされている場合、ダイアログポジションをリセットできます。

次: アニメーション 前: Path Constraints