Spineのトラブルシューティング

Spineの実行に問題がありますか?Spineを使用中に起動できなかったり、クラッシュしたりしていませんか?ここに来ていただいて正解です!

Spineはすべてのコンピュータで完璧に動作するように努力していますが、時々うまくいかないことがあったり、Spineを使用している間にクラッシュしたりすることがあります。 このページでは、Spineを動作させるためにチェックできることをいくつか紹介しています。

spine.log

Spineが実行されると、まず最初に以下の場所にログファイルが作成されます:

Windows

%UserProfile%\Spine\spine.logまたは C:\Users\<user name>\Spine\spine.log

macOS

~/Library/Application Support/Spine/spine.log

Linux

~/.spine/spine.log

エラーが発生した場合は、このファイルに記載されます。エラーメッセージには難解な情報が混ざっていることもありますので、注意して読んでください。エラーの意味がわからない場合は、フォーラムに投稿していただくか私たちに情報を送ってください。ログの一部だけでなく、ログ全体を投稿またはメールで送信してください(フォーラムでは自動的にログからあなたの名前とメールアドレスが削除されます)。 また、エラーが発生したときに何をしていたのかを共有していただくことは非常に役立ちます。私たちはぜひSpineのバグを修正したいので、もしあなたが発見された問題を再現するのを手伝っていただけるなら、とても感謝いたします。

Spineを実行するたびに spine.log ファイルを削除し、新しい空のファイルが作成されます。そのため、もしSpine がクラッシュした場合は、再度Spineを実行する前にspine.logファイルを確認してください。

spine.logが見つからない

spine.logファイルが作成されない場合は、Spine の起動プロセスの非常に早い段階で Spine に何か問題が発生したことを意味します。コマンドラインからSpineを実行する必要があるかもしれません:

Windows

コマンドプロンプトを開いて、こちらを入力してください: "C:\Program Files (x86)\Spine\Spine.com"

macOS
  • ターミナルを開いて、こちらを入力してください: /Applications/Spine/Spine.app/Contents/MacOS/Spine
  • または、macOSなら コンソール アプリを起動して、すべてのメッセージを選択し、 Spineを起動してみてコンソール アプリの出力を確認してみることも出来ます。

Linux

こちらを実行してください: Spine.sh

このようにSpineを実行すると、コマンドラインウィンドウにSpineのログが出力され、Spineが起動できない理由の手がかりとなるエラーが表示されることがあります。

macOSでは、他のソフトウェアがSpineと競合することがあります。例えば、画面のミラーリングソフトウェアやDefault Folder XなどのFinderの"拡張機能"がSpineの実行を妨げる可能性があります。また、Spineの起動時にRescue Timeを閉じる必要がある場合もあります。

アンチウイルスとアンチマルウェア

Bit Defenderや360 Browserなどのウイルス対策ソフトやマルウェア対策ソフトの中には、Spineのファイルを変更したり削除したりするものがあります。これにより、Spineが完全に実行できなくなったり、後の時点で失敗したりすることがあります。そのようなソフトウェアを無効にするか、Spineのフォルダをセーフリストに登録する必要があります。Spineのフォルダは以下の通りです:

Windows
  • C:\Program Files (x86)\Spine\ (またはあなたがSpineをインストールしたフォルダ)
  • %UserProfile%\Spine or <user home folder>\Spine

macOS
  • /Applications/Spine/
  • ~/Library/Application Support/Spine/

Linux
  • あなたがSpineを解凍して配置したフォルダ
  • ~/.spine/

期限切れのランチャー

まず最初に確認しなければならないことは、最新のSpineランチャーを実行しているかどうかです。そのためには、Spineを購入した際に受け取ったSpineライセンスページにアクセスし、Spineをダウンロードして再インストールしてください。Spineのライセンスページが見つからない場合は、ライセンスの回復ページをご利用ください。

ネットワーキング

Spineをインストールする際、実際にはSpineランチャーをインストールすることになります。Spineを実行する際には、実行したいSpineのバージョンをダウンロードする必要があります。その後は、ネットワークに接続しなくてもSpineを実行することができます。

証明書の有効期限

2020年2月15日以前にSpineをダウンロードした場合、またはSpineランチャーのバージョンが3.8.82未満の場合、Spineはサーバーに到達できません。古いSpineのインストールで証明書の有効期限が切れているため、Spineをダウンロードして再インストールしていただく必要があります。ダウンロードリンクはSpineのライセンスページかまたはライセンスの回復ページからご確認ください。

サーバー

Spineのサーバーは日本、ヨーロッパ、アメリカにあります。中国にお住まいの場合や、サーバーへのインターネット接続が非常に遅い場合は、何度も試したり、VPNを使用したり、後でもう一度試したりする必要があるかもしれません。

Spineは自動的にあなたに最適な接続を持つサーバーを選択し、それが失敗した場合は他のサーバーも試します。Spine は数日おきに最適な接続をチェックしますが、コマンドラインから--pingを使って Spine を実行することで、強制的に接続を行わせることができます。また、--server jp--server eu、または --server usを使って特定のサーバを優先するように強制することもできます。

ファイアウォール

ルータや他のネットワークハードウェアにファイアウォールがある場合や、Spine がサーバに到達するのをブロックしているソフトウェアファイアウォールがある場合は、ファイアウォールを無効にするか、Spine の通信を許可するルールを追加する必要があります。Spineはポート 44380を使用して*.esotericsoftware.comに接続しています。

ホストファイル

あなたのhostsファイルにesotericsoftware.com のネットワークトラフィックをリダイレクトするエントリが含まれている場合、Spine は実行できません。spine.logファイルに関連するエラーメッセージが表示されるので、hosts ファイルを編集してエントリを削除する必要があります:

Windows

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

macOS および Linux

/etc/hosts

プロキシ

インターネット接続でプロキシサーバーを使用する必要がある場合は、Spineを特殊コマンドで起動してプロキシサーバーを指定する必要があります。

期限切れのオーディオとビデオドライバ

Spineは、ハードウェアでアクセラレートされたオーディオとビデオ(OpenALとOpenGL)を使用しています。お使いのオーディオまたはビデオハードウェアのドライバにバグがあると、Spineがクラッシュしたり、全く実行できなくなったりすることがあります。お使いのオーディオおよびビデオハードウェアの製造元のウェブサイトにアクセスして、最新のドライバがあることを確認し、提供された最新のドライバをダウンロードしてインストールしてください。

オーディオの無効

Spine のオーディオ機能を必要としない場合は、--disable-audioコマンドラインパラメータを指定して Spine を起動することで、Spine によるオーディオハードウェアの使用を無効にすることができます。すでにゲーミングノートPC用の悪いオーディオドライバの報告も受けています。

ユーザーファイル

Spineは、設定やその他のファイルをユーザーフォルダに保存しています:

Windows

%UserProfile%\Spineまたは<user home folder>\Spine

macOS

~/Library/Application Support/Spine/

Linux

~/.spine/

あなたは安全にこのフォルダ全体とその中のすべてを削除することができます。ただし、最初にいくつかのファイルを保存しておくことをお勧めします:

  • backup サブフォルダは、保存するたびにプロジェクトのコピーを保存する場所です。
  • .json ファイルは Spine が設定を保存する場所です。これらを削除すると、Spine はデフォルトの設定にリセットされます。
  • hotkeys.txtファイルは、Spine がさまざまなアクションに使用するホットキーを保存する場所です。このファイルをカスタマイズしている場合は、コピーを取っておくとよいでしょう。
  • updatesサブフォルダは、Spine がダウンロードしたアップデートを保存する場所です。これらを削除すると、Spine は再びアップデートをダウンロードします。

古いSpineバージョン

Spineの設定で実行するSpineのバージョンを選択できます。Spineがクラッシュする場合は、最新のアップデートを試してみてください。ただし、新しいバージョンでプロジェクトを保存すると、古いバージョンでは開けなくなるので注意してください。

最新バージョンを実行するには、Spineの設定でLatest stable(最新の安定版)を選択します。設定ダイアログが表示されない場合は、ここで version.txtファイルを削除することができます。:

Windows

%UserProfile%\Spine\version.txtまたは<user home folder>\Spine\version.txt

macOS

~/Library/Application Support/Spine/version.txt

Linux

~/.spine/version.txt

このファイルが存在しない場合、Spineは最新バージョンを使用します。このファイルが存在する場合、Spine はファイルで指定されたバージョンを使用します。

コマンドラインからバージョンを指定することもできます。まず、変更履歴から、例えば 3.7.94 のようにバージョンを選択し、このようにSpineを実行します:

Windows

コマンドプロンプトを開いてこちらを入力してください: "C:\Program Files (x86)\Spine\Spine.com" --update 3.7.94

macOS

ターミナルを開いてこちらを入力してください: /Applications/Spine/Spine.app/Contents/MacOS/Spine --update 3.7.94

Linux

こちらを実行してください: Spine.sh --update 3.7.94

最新バージョンで問題が発生している場合は、古いバージョンに戻してみてください(新しいバージョンでプロジェクトを保存していなければ良いですが、そうでなければバックアップ から古いバージョンのプロジェクトを取得してください)。私たちはバグを非常に迅速に修正しており、ほとんどの場合(特にユーザーが問題を再現する方法を教えてくれた場合には!)数日以内に修正しています。しかし、最新バージョンで問題が発生している場合は、修正を待つよりも古いバージョンを使っていただいた方が生産性が上がります。

まだ問題が残っていますか?

上記の情報をご覧になってもSpineの動作に問題がある場合は、 フォーラムか、お問い合わせにご連絡ください。