設定

Spineはバラエティ豊富な機能をカスタマイズする設定を多数提供します。

「設定」ダイアログを開くには、「F12 」を押すか、Spineの左上のSpineロゴをクリックし、メニューから「設定」を選択します。

バージョン

バージョンはここに表示されます。選択ボックスは全てのダウンロード済みSpineアップデートの中で使用すべきバージョンまたは「最新」バージョンを指定し、次回起動する時に最新バージョンのダウンロードを催促します。まだダウンロードしていない旧バージョンを使用する場合、特定のバージョンを指定するために「その他」をクリックし、入力します。

ほとんどのユーザーは「最新」に設定すべきでしょう。自分のアプリケーションのリリースが近い、またはエディターのバージョンを凍結したい場合、特定のバージョンを指定できます。

旧バージョンのSpineで保存したプロジェクトは新バージョンで開くことができますが、新Spineバージョンで保存したプロジェクトは旧バージョンで開くことはできません。

一般

オートバックアップ

これがチェックされるとプロジェクトがバックアップフォルダ内に定期的に保存されます。極端に大きなプロジェクトの場合、これにより不必要な一時停止が発生するため、無効にすることができます。

削除確認

これのチェックが外されると、アイテムを削除する時、Spineは削除確認を聞きません。アイテムが誤って削除された場合、「ctrl+Z」 (Macの場合「cmd+Z」)で元に戻すことができます。

ショートカットの2重クリック

Spineはツリー内のアイテム名を変更する場合など多数のショートカットに2重クリックを使用します。チェックが外されると、これらのショートカットは無効になります。タブレットを使用する場合、誤って2重クリックしやすいため、これが役立ちます。

インターフェースアニメーション

チェックが外されると、Spineはユーザーインターフェースにアニメーションを使用しません。このためメニューがアニメ化されず、ダイアログがフェードインしません。

インスタンスの再利用

チェックが外され、既存のSpineインスタンスが実行中の場合、ファイルを2重クリックするとそのインスタンス内で開かれます。それ以外は新しいSpineインスタンスが起動されファイルを開きます。

この設定はファイルを2重クリックがすると、常に既存のSpineインスタンスを再利用しようとするMacには利用できません。

ツールヒント

チェックが外されると、マウスを上に置いてもツールヒントが表示されません。この場合でも「F1」を押せばツールヒントが表示されます。

マウスにズーム

これがチェックされるとマウスホイールまたは「ズーム」ホットキー(デフォルトでは「U」)がマウスのカーソル位置でズームイン/アウトします。これは通常とても自然なズーム方法ですが、ペンタブレットまたはタッチパッド/トラックパッドでは上手く操作できないかもしれません。チェックが外されると、エディターエリアの中心でズームイン/アウトが行われます。

ファイル

バックアップ

オートバックアップが有効になると、このフォルダは保存の直前に作成された、または定期的に作成されたプロジェクトファイルのコピーを含みます。

ホットキー

このテキストファイルは全てのSpineのホットキーを含みます。このファイルを編集してホットキーを好きなようにカスタマイズできます。使用できるキー名のリストについてはキーネームをご覧ください。

ログ

このファイルはSpineが起動するたびに書き込まれ、問題が発生した時、詳細を提供します。

グラフィックス

背景カラー

エディター背景に使用するカラー

背景グラデーション

チェックされると、外観を美しくするために背景の上に淡いグラデーションを描画できます。

未選択のスケルトンを薄暗くする

これがチェックされると、プロジェクトに複数のスケルトンがある場合、未選択のスケルトンが半透明に表示されます。一度にたくさんのスケルトンが視覚化される時、見やすくします。

エディタースケール

非常に小さいまたは大きいスケルトンを作業中、このスライダーでボーンサイズと背景を調整して外観を改善します。

マルチサンプル アンチエイリアシング(MSAA)

これがチェックされると、Spineは高品質のレンダリングを使用します。MSAA設定にはGPUサポートが必要です。これがなければ効果はありません。

FPS表示

これがチェックされるとフレームレートがタイトルバーに1秒当たりのフレーム数として表示されます。Spineはマウスを動かす時、何かがアニメ化された時、アニメーションが再生される時だけレンダリングを行い、常にレンダリングを実行するわけではありません。

スムーズスクローリング

これがチェックされるとスクロールした時、ポジションにジャンプする代わりにスクロールバーがスムーズにアニメ化されます。

ドープシート

ドープシートアイテム高さ 

このスライダーはド―プシートの各列の高さを設定します。デフォルト設定は視覚的に最も魅力的ですが、小さめの設定でより多くの列を一度に表示することができます。

キーフレームにジャンプ

これがチェックされるとドープシートでキーが選択された時、タイムラインポジションがキーフレームに設定されます。この動作が煩わしい時はチェックを外すことができます。

前: インポート