ゴースティング

「ゴースティング」ビューは「オニオンスキン」としても知られるスケルトン「ゴースト」の表示設定を含みます。ゴースティングは前後のタイムラインからのスケルトンのポーズを同時に表示することを可能にします。現在のポーズを決定する時、これらのポーズが考慮されます。

フレーム

「フレーム」は前後のフレームに表示されるゴーストを制御します。

「前」がチェックされると、前のフレームのゴーストが表示されます。「後」がチェックされると、「後」のフレームのゴーストが表示されます。

「前のフレーム」と「後のフレーム」スライダーはどれほど前または後のゴーストを表示するかを制御します。「フレームステップ」スライダーはこれらのフレームに表示されるゴーストの頻度を設定します。スライダーのテキストボックスには小数値も入力できます。

例えば、「後のフレーム」が6に設定され、「フレームステップ」が3に設定されると、2つのゴーストポーズ:1つは現在のフレームの3フレーム先、もう1つは現在のフレームの6フレーム先が表示されます

キーフレーム

「キーフレーム」はゴーストがキーが設定されるフレームだけに表示されることを除けば、「フレーム」と同一です。

例えば、「後のフレーム」が6に設定され、「キーフレームステップ」が1に設定されると、ゴーストは次の6フレームでキーを有する全てのフレームに表示されます。

表示

左のカラーボタンは前のフレームからゴーストの色を設定します。右のカラーボタンは後のフレームからゴーストの色を設定します。ホワイトの場合、ゴーストは無色でレンダリングされます。

左の選択ボックスはゴーストアタッチメントの表示方法を制御します:

  • 「なし」 アタッチメントは表示されません。
  • 「イメージ」 アタッチメントイメージが普通にレンダリングされます。
  • 「ソリッド」 アタッチメントイメージは単色でレンダリングされます。この設定は多数のゴーストを表示する時、相当のGPUリソースを消費します。

右選択ボックスはゴーストアタッチメントの輪郭を制御します:

  • 「なし」 輪郭は表示されません。
  • 「シルエット」 ゴースト全体の輪郭が表示されます。多数のゴーストが表示された時、かなりのGPUリソースが使用されます。
  • 「X線」 各アタッチメントの輪郭が表示されます。多数のゴーストが表示された時、かなりのGPUリソースが使用されます。

オプション

「上」がチェックされるとゴーストはスケルトンの上に表示されます。

「ループ」がチェックされるとタイムラインでリピートが有効になり、ゴーストはアニメーションの開始後と終了後に表示されます。

オフセット

「Xオフセット」と「Yオフセット」スライダーはX軸とY軸でのゴースト表示ポジションを制御します。これは多くの目的に使用できます。

ゴーストはお互いの上に表示されたりスケルトンの上や後ろに表示されるため、見にくいことがありますが、オフセットはゴーストを見やすくします。

オフセットはランタイムで移動するスケルトンのスピードをシミュレートするために使用されます。オフセットは1フレーム当たりのピクセルで定義されます。Spineは1秒に30フレーム使用するため、ランタイムで移動するスケルトンのスピードを簡単にフレーム毎のピクセルに変換できます。

ランタイムでのスケルトンが走るまたは歩くアニメーションのスピードにマッチする「Xオフセット」をゴーストに与えると、ゴーストの足がスライドするような動きを見せます。ゴーストの全ての足が同じポジションに着地する時、アニメーションは「Xオフセット」に完璧にマッチします。

足がランタイムでスライドする場合、ゴーストの足は同じポジションに着地しません。

この場合、アニメーションは「Xオフセット」にマッチするために、もっと遅くまたは速くスケーリングされるか、「Xオフセット」をアニメーションに合わせて調整する必要があります。

「Yオフセット」も同様にジャンプするキャラクターなどに使用できます。

アンカー

「アンカー」が有効にされるとゴーストは動かないため、スケルトンのアニメ化を簡単に見ることができます。これは特に「フレームステップ」が1以上の時に当てはまります。「アンカー「は「フレーム」ゴーストだけに影響を与えます。「キーフレーム」ゴーストは常にアンカーされます。

「アンカー」のチェックが外されると、ゴーストは現在のフレームに相対して表示されます。ゴーストはスケルトンと同じように動き、時間の経過とともに推移します。オフセットが使用されると、ゴーストはスケルトンに対して一定の距離に表示されます。

例えば、「アンカー」のチェックが外され、「フレームステップ」が3、「フレーム前」が6、現在のタイムラインポジションがフレーム10.5の場合、ゴーストはフレーム7.5と4.5を使用して表示されます。

アンカーがチェックされると、ゴーストはフレーム0から一定の間隔で表示されます。このためゴーストはスケルトンと同じようには動きません。オフセットが使用されると、ゴーストとスケルトンとの距離はゴーストのポーズとスケルトンが一致するまでの時間を示します。 例えば、「アンカー」がチェックされ、「フレームステップ」が3の場合、ゴーストはフレーム0、3、6、9、12などにのみ表示されます。このため、「フレーム前」が6で現在のタイムラインポジションが10.5の場合、ゴーストはフレーム9と6に表示されます。

選択

ゴースティングは「ボーン」ボタンをクリックすることで、選択したボーンのアタッチメントのゴーストだけを表示するように設定できます。

「ロック」ボタンはゴーストされたボーンが変更されることを予防し、「リフレッシュ」ボタンはゴーストされたボーンを現在の選択に更新します。ボーンが選択されない場合、アタッチメントは表示されません。

次: グラフ 前: ド―プシート