インポート 

Spineは他のSpineプロジェクトからデータをインポートし、プロジェクトを組み合わせることができます。SpineはSpineのエクスポートと同じ形式でデータをインポートし、他のプログラムからスケルトンをインポートすることができます。

プロジェクト

Spineは他のSpineプロジェクトからスケルトンまたはアニメーションをインポートできます。これにより他のプロジェクトからもう一つのプロジェクトにスケルトンを移動することができます。アニメーションのインポートにより複数の人が同じプロジェクトで作業することを可能にしますが、多少の制限があります。

「プロジェクトインポート」ダイアログを開くには、Spineの左上のSpineロゴをクリックし、「プロジェクトインポート」をメニューから選択します。

インポートするにはプロジェクトファイルへのパスに入り、インポートするアニメーションまたはスケルトンを選択します。

 アニメーション

アニメーションをインポートする時、インポートするスケルトンとアニメーションおよびインポート先のスケルトンを選択し、インポートされた後のアニメ―ション名を選択します。

アニメーションがインポートされるスケルトンはボーン、スロット、アタッチメント、イベント、インポート元のスケルトンと同名のIKコンストレイントを有する必要がありますが、インポートされるアニメーション内で実際にキーが作成された物に限られます。さらにFFDキーの場合、両方のスケルトンにおいてメッシュが同数の頂点を有する必要があります。

スケルトン

スケルトンをインポートする時、インポートするスケルトンを選択し、インポート後に使用するスケルトン名も選択します。

データ

Spineはエクスポートと同様にJSONまたはバイナリ形式でデータをインポートすることができます。これらはPhotoshopAfter Effectsなどの他のプログラムからSpineにデータを持ち込むパスを提供します。

「データインポート」ダイアログを開くには、Spineの左上のSpineロゴをクリックし、「データインポート」をメニューから選択します。

インポートするJSONまたはバイナリファイルへのパス、アニメーションインポート後に使用されるスケルトン名、および「スケール」を入力します。

スケール

データインポート「スケール」は他のボーンのスケールを変えることなくスケルトンのサイズを変更します。必要な全データ:ポジション、ボーンの長さ、アタッチメントオフセット、境界ボックス、メッシュ、アニメーションなどがスケーリングされます。

Spineプロジェクトが間違ったサイズのイメージで作成されると、プロジェクトは非必須をチェックしてJSONにエクスポートされ、ボーンのサイズを変更するために「スケール」を使用して再インポートできます。新しいプロジェクトは異なるサイズのイメージを使用します。

例えば、普通より4倍も大きいイメージでSpineプロジェクトが作成されると、これは非必須をチェックしてJSONにエクスポートされます。その後、0.25のスケールで新しいプロジェクトにインポートされます。新しいプロジェクトで使用されるイメージは元のイメージの25%の大きさになります。

次: 設定 前: テクスチャパッキング