境界ボックス

境界ボックスはボーンに装着されたポリゴンです。他のアタッチメントのように、ボーンがトランスフォームされると、ポリゴンもトランスフォームされます。境界ボックスはランタイムで検出ヒット、物理的な身体の作成、粒子の生成、その他に利用できます。

「境界」ボックスという名前には多少語弊があります。境界ボックスは技術的にはオブジェクトを含む最小の矩形です。Spineでは任意のポリゴンを指すますが、検出ヒットや物理的な目的のためにスケルトンの境界を定義することにも使用されます。

設定

新しい境界ボックスを作成するには、ツリー内でボーンまたはスロットを選択し、ツリーの一番下のプロパティの中で「新規...」「境界ボックス」を選択します。

新しい境界ボックスがツリー内に表示され、「編集」モードが自動的に選択されます。

「編集」モード内で「新規」モードも自動的に選択されます。

編集モード

「新規」モード中、エディターエリアをクリックすると、新しいポリゴンの頂点が作成されます。頂点はドラッグしてトランスレートするか、2重クリックして削除するすることができます。ポリゴンが完成したら最初の頂点をクリックして形状を閉じる、または「新規」ボタンをクリックすることで「新規」モードを終了します。

「編集」モードには2つのツールがあります。

  • 「作成」はクリックするとポリゴンのエッジに沿って新しい頂点を作成します。
  • 「削除」はクリックすることで頂点またはエッジを削除します。

どちらのツールでも頂点はドラッグすることでトランスレートされ、2重クリックすると削除されます。右クリックはツールを切り替えます。

「編集」モードは「スペースバー」または「esc」を押す、ツリーの一番下のプロパティの「編集」ボタンをクリックする、あるいは「境界ボックス編集」を閉じることでことでいつでも終了できます。

トランスフォームツール

境界ボックス頂点はトランスフォームツールを使用することにより、「編集」モード外で編集することができます。他のアタッチメントのように境界ボックス全体を回転、トランスレート、スケーリングすることができます。

個々の頂点はどのトランスフォームツールでもドラッグすることでトランスレートすることができます。複数の頂点は「ctrl」 (Macでは「cmd」)を押してクリックする、またはボックス選択までドラッグすることで選択できます。選択された頂点は「スペースバー」か「esc」を押すか空白スペースをクリックすることで選択解除できます。

回転またはスケーリングで使用した原点は変更することができます。「回転」または「スケール」ツールの中心にある小さな十字の上に円が表示されるまでマウスをかぶせ、希望するポジションに原点をドラッグします。原点は自動的に頂点にはまります。

アニメ化モード

アニメ化モードでポリゴン形状はキー作成できませんが、「編集」モードで操作することは可能です。アニメーションの中で特定のスケルトンのポーズにマッチするようにサイズを変更できます。これ以外は設定モードで境界ボックスを編集する操作と同様です。

境界ボックス変更サイズにキーを作成するには、装着するボーンにキーを作成するか、非表示にして他の境界ボックスを表示します。境界ボックスは他のアタッチメントと同様にスロットに表示または非表示にすることができます。

次: Clipping 前: メッシュ