目の移動制限セットアップ

February 24th, 2020

最終結果

制御しやすい目のリギングは、よりキャラクターに生命感をもたらしてくれます。このチュートリアルでは、瞳孔と虹彩が眼球の外側にはみ出ることなく常にターゲットを見つめる目のリグを作りたいと思います。これは以前から公開しているtipsのロングバージョンになります。それでは1歩ずつ進めていきましょう!

イメージのセットアップ

円

このチュートリアルの目的のために、物事を単純化しましょう。この眼球はイメージパスにある白い円だけで構成されています。まずはそれをイメージ欄からビューポートにドラッグして、スロットを複製してください。

円

この2つめの円を目の虹彩にしましょう。やることはただアタッチメントのカラーでお好きな色に変更するだけです。設定モードでは、画像をボーンに依存させずにスケールやトランスレートさせることも可能なので、複製した方を眼球よりも小さく縮小してください。虹彩が移動できなくなる境界を確立するために、下にある白い円の境界に接するように移動させます。

円

次に、瞳孔を作成するために虹彩のスロットを複製してください。画像のアタッチメントに新しいカラーを設定し、また先にやったのと同じように縮小してください。

最後に、瞳孔に小さな反射光を追加しましょう。瞳孔のスロットを複製、縮小して色を白に変更して、瞳孔の上に配置してください。

これでついにボーン作成を始める準備が出来ました!

ボーン設定

ボーン

今回欲しい効果を得るために、3つのボーンを作成する必要があります。 まずlimiterボーンを眼球の真ん中からその輪郭線まで伸ばして作成してください。後ほど整列しやすくするために回転角度は にしておいてください。

次にpupilボーンを瞳孔の真ん中、およびlimiterボーンの中間に配置してください。白い眼球を除いた全ての画像をこのボーンの子要素にしてください。そしてpupilボーンをlimiterボーンの子ボーンにしてください。

最後に、targetボーンを他の2ボーンの方向に合わせて配置してください。これはrootの子ボーンにしておいてください。

IK設定

ik

さぁ、魔法のトリックの時間です!最初のステップとして、limiterボーンを親としてtarget ボーンをターゲットにし、IKコンストレイントを作成します。これはlimiterボーンが常にtargetボーンを指し示すようにするためです。

IKコンストレイントのオプション IK圧縮を有効にして、limiterボーンがtargetボーンが近づいたり離れたりすると伸縮するようにしてください。これで、光彩と瞳孔が眼球の輪郭線に制約された状態で自由に動くことが可能になります。

ここでIKターゲットボーンを周囲で動かすと、虹彩と瞳孔が歪んでしまうかと思います。これは親ボーンの回転とスケールをpupilボーンに適用しているためです。これを直すために、pupilボーンの回転とスケールの継承を無効にしてください。

継承

結果

最終結果

このシンプルなセットアップは、歪ませたり眼球の外にはみ出させることなく、瞳孔と虹彩がtargetボーンを良い感じに追従するようにしてくれます。

最終的なプロジェクトはこちらからダウンロードできます。

以上のセットアップは円形の領域の中で動きを制限するのには何でも利用できるかと思います。他にも利用方法が思いつきましたか?ぜひSpineフォーラムで共有してください!

OlderNewer