両手持ち武器

November 22nd, 2019

final result

Spineを使用してキャラクターに武器を持たせ、必要に応じて武器を捨てる設定を作れないかと思ったことはありませんか?ご心配なく!このブログでは、tipsについて詳細に説明し、ステップごとの方法をご紹介します。

Spineプロフェッショナルはこれを実行するために、IK constraintstransform constraintsの使用方法を説明するこのチュートリアルを講習する必要があります。

スケルトン設定

initial skeleton setup

まず基本的なボディリグから始め、武器を表現するボーンを作成します。このチュートリアルでは、イメージやメッシュアタッチメントは省略してスケルトンの構造に焦点を当てます。

武器ボーンが自由に動くには、体のボーンの子孫でなければなりません。親として適切な場所は、スケルトンの「ルート」ボーンでしょう。

上の画像は初回設定を示しています。武器は緑のボーン、「weapon」により表現され、残りの体は標準の人間のボーン階層設定を形成しています。

武器と体のボーンの他に、「hand-on-weapon-l」と「hand-on-weapon-r」という2本のボーンを作成します。これらは武器を持つボディリグの手を保持するために、IKコンストレイントのターゲットになります。

コンストレイント設定

全てのボーンが配置され、武器と体がボーン階層内で分離されると、コンストレイントを通してこの2つを接続できるようになります。

IKコンストレイントの作成

ik setup

まず腕が武器部分の左右の手のアタッチメントポイントをフォローすることを確認しなければなりません。「arm-l-up」と「arm-l-down」という2本の腕ボーンを選択することで左腕から始め、「hand-on-weapon-l」をターゲットとするcreating an IK constraintを設定します。同じことを右腕にも行います。

2本の腕は直ちにそれぞれのターゲットボーンを指しますが、武器なしで簡単にポーズや動きをアニメ化できるようにするために、設定モードでこれを無効にします。2つのIKコンストレイントの「Mix」を「100」から「0」に変更します。これにより腕を自由にポーズさせることが可能になり、好きなようにアニメ化できます。

トランスフォームコンストレイントの作成

transform setup

仕上げとして親の回転をフォローしているのではなく実際に武器を持っているように見せるために、手を武器の回転に合わせます。これは「hand-l」と「weapon」ボーンをターゲットとするcreating a new transform constraintを選択して行います。もう1方の手にも同じ設定を行います。正しく表現するには、オフセット回転(offset rotation )を「90」に設定します。全てのミックスは「0」に設定し、設定モードで武器を持った手が回転しないようにします。これにより武器のない動きとポーズのアニメ化が簡単になります。

武器をフォローするアニメ―ションを作成する

武器をフォローする腕と手のアニメーションを作成するには、IKとトランスフォームコンストレイントのミックスの値が「100」になるようキーを作成するだけです。これだけで手と腕が武器をフォローするようになります!

ik animate

transform animate

全てうまくいっていれば、最終的にアニメ化モードでこのようなセットアップが見れるはずです:

final skeleton setup

バリエーション

1つのトランスフォームコンストレイントを使用して手と武器の両方を制約することが可能です。一般的に、コンストレイントが少なければ少ないほどリグがシンプルになるという利点があります。しかし、キャラクター片手だけを武器から離す必要がある場合、これはそれほど便利ではないかもしれません。

キャラクターが武器を持っていない時に、IKコンストレイトを腕に使用できます。この場合、IKコンストレイントのミックスを「0」に設定し、武器を持っている時のコンストレイントミックスを「100」に設定します。

結論

final result

キャラクターに片手または両手で武器を持たせる、武器を捨てさせる、武器でトリックを行うなど様々なことが可能です。設定はオンまたはオフにすることができるため、ピストル、ショットガン、マシンガン、ヤリなど様々な武器タイプに複数設定を使用できます。コンストレイントミックスはアニメーションの中で、あるいはランタイム時にコードで設定できます。

この設定例は以下でダウンロードできます。here

この設定があなたのプロジェクトのお役にたつことを祈っています!forumでこの投稿について自由に話し合いましょう。

OlderNewer