Spineバージョン: 3.7+
タグ:

Essential、Professional、傾斜(Skew)

風車

風車プロジェクトはSpine EssentialとSpine Professionalの両方で等角図モデルを作成する方法を説明します。このプロジェクトは等角回転の実施、シンプルな煙効果の作成、要素とアニメーションの複製でバリエーションを追加する方法を説明します。

ビデオ

このプロジェクトのダウンロードには時間系列で順序付けられた7枚の.spineファイルが含まれるため、ビデオに合わせてファイルをフォローすることができます。

木、茂み、花

設定

それぞれの木は幹(tree1-trunk and tree2-trunk)を代表する1つのスロットと幹の枝に装着された各葉のグループ(leavesleaves8)にボーンが1本づつ割り当てられて構成されています。幹はアニメ化されないため、これらのスロットはルートボーンの直接の子となり、ボーンを2本節約できます。

茂みは1本のボーン(bush1bush2)を持ち、それぞれのボーンが1つのスロットとアタッチメントを持ちます。

花は少し複雑です。各花は花のシャドウ、茎の一番下にある前と後ろの葉、茎、一番上にある花びらをモデルとしたボーンの階層により構成されます。花びらのスロットは3つの異なるイメージを持ち、複製された花をカスタマイズする時、異なる花びらの形状を選択できるようになっています。バラエティを増やすためにスロットカラーも変更されました。

アニメーション

木は各葉のグループの回転のみをキーイングしてアニメ化されています。この設定のキーはアニメーションの開始と終了に作成され、この間にはバリエーションが存在し、アニメーションが無限のようにループします。

茂みは傾斜プロパティのみをキーイングしてアニメ化されます。これにより茂みは地面に保持されながら変形します。木の葉のように傾斜値のキーはアニメーションの開始、終了、その間のバリエーションに作成されています。

これで全ての基本キーが設定され、キー間の曲線は全てのキーを選択し、 グラフビューで曲線を適用することで変更されます。アニメ―ションの同期を少しずらすために、オフセットツールがキーグループに使用されました。

雄鶏

雄鶏は家の屋根の上の装飾です。金属製で風により揺れます。シーンは等角図ビューなので雄鶏は等角図法に従って垂直軸で回転します。

設定

雄鶏は境界アタッチメントとして長さゼロの1本のボーンと雄鶏の正面ビューを含む1つのスロットから構成されています。

アニメーション

雄鶏はY軸の傾斜プロパティをキーイングしてアニメ化します。シームレスなループを作成するには、傾斜値のキーを最初と最後のフレームに作成し、その間にバリエーションを作成します。

風車のブレード

回転するブレードはこの構図の主な焦点です。ブレードはブレードベースのイメージ、windmill-bladesとブレードの前側を構成する2本の長い木製パーツwindmill-blades-wood-hwindmill-blades-wood-vから構成されています。全てのイメージは正面ビューで用意されますが、回転はシーンの等角図法に従って回転します。

設定

正確な等角回転を行うためには以下の2本のボーンが必要です:等角図法に一致するためにブレードを変形するボーン、windmill-blades-pivotと実際に回転を行うボーン、windmill-blades-front(およびwindmill-blades-back)。

等角図法を実現するには、イメージを0.86でスケーリングし、その後30°の傾斜を適用します。正方形にはこれが有効ですが、ブレードは6角形に装着されているため、20°の傾斜を使用しました。

Spineでは子は親のボーンのトランスフォームを継承します(ボーンのプロパティで継承を無効にする場合を除く)。0.86のスケールと20°の傾斜を親ボーンに適用すると、これは子のトランスフォームにも適用されます。このため、等角図法トランスフォームをwindmill-blades-pivot親ボーンに適用すると、子ボーンにも影響を与えます。

ブレードにもっと深さを与えるために、前と後ろをwindmill-blades-backwindmill-blades-frontという2本のボーンに分離して少々オフセットを与えました。

アニメーション

Spineで完全な回転 を実行するために、アニメーションの最初と最後のボーンの回転をに設定するキーを作成しました。その後、2つのキーフレームの1つをアニメーションの持続時間の1/3、もう1つを2/3に等間隔で配置しました。完全なスピンは360°なので、回転は各キーフレームで120° ずつ増加します。

2本のボーン、windmill-blades-backwindmill-blades-frontは以下の原則に従って回転します。

ブレードの深さのエフェクトはSetupモードでPreviewビューを見ながら調整します。

煙は煙突から出て遠方にフェードします。

設定

煙の痕跡を作成するために、smokesmoke3の3つのクラウドイメージを再利用します。

アニメーション

煙の動作はトランスレーション、回転、スケール、およびカラーキーの組み合わせです。

煙は屋根から右上に回転しながらトランスレートします。開始時は小さかったものが右上に移動するにつれて大きくなります。出現時、移動時、色あせて消滅する時で透明度が変化します。

まずアニメーションには、最初に1つの煙ボーンを作成し、次にこれをコピーし、オフセットします。オフセットを可能にするには、最初と最後のフレームを一致させる必要があります。